高齢者世帯へ食事の宅配サービス

subpage01

現在の日本は超高齢化社会に突入しており、さらに自宅における家族構成は、高齢者の場合夫婦のみか独居といった場合が非常に増えてきています。



そういった状況から生まれたサービスが、食事の宅配です。

多くの場合、宅配は一日三食のうち希望の回数、時間帯を決めることが出来、さらに、用意する食事には単にバリエーションを増やすのではなく、糖尿病や腎臓病に対応した栄養バランスの献立を用意しています。
自宅に宅配するというサービスの性格上、独居老人に対する安否確認にも役立ちます。



このようなことが可能となっているサービスは、これまでに学校や病院、介護関連施設への給食をつくってきた会社が行っています。


管理栄養士の指導によって初めて可能になるのです。



このようなサービスによって提供される献立は健康に配慮したものであり、依頼する側のニーズを汲み取ったものといえます。



宅配の依頼を検討する場合、自分で食事の用意が困難になるという状況には、相応の理由があります。現実問題として、高齢者の栄養状態に問題が見られることが増えてきています。本人が食事の用意をしようにも、その身体的負担が料理から遠ざけ、ごく簡単に済ませることが継続された結果です。


場合によっては水分さえもその補給をおろそかにしてしまうほど食事に対する意識が低下してしまう高齢者が多く存在するのです。老化現象は代謝を低下させ、味覚を低下させ、体力、筋力を低下させます。



その状況はわれわれが想像するよりも栄養失調に繋がるハードルを下げているのです。



関連リンク

subpage02














宅配の食事の人気の傾向とは

毎日忙しくて中々自炊ができない人や、たまには手抜きしたいという主婦に宅配の食事は人気のサービスです。近年では宅配業界にも様々な工夫をこらしたジャンルがあり、そのサービスも多種多様です。...

NEXT
subpage03














様々な宅配の食事に関するサービスについて

宅配で食事を運んでもらうサービスは、パーティーをはじめ急な来客や、時間がなく食事の準備ができない時の他にも、引っ越しの直前などにも便利なものとなっています。そこで扱われている種類には、ピザや寿司が定番で広く利用されていますが、この他にも中華料理や洋食、カレーやファーストフード、そば類や弁当など様々なものがあります。...

NEXT